千葉で家族葬を行う場合のメリットとデメリットをご紹介

Posted by admin on 2016年9月3日 under 葬儀を千葉で行うメリット・デメリット | Comments are off for this article

最近の葬儀の形は、こじんまりとしたものが選ばれるようになってきました。

有名人などでも、家族だけで葬儀を済ませてから世間に公表するという形をとる人が増えてきましたね。

東京や千葉でも、家族葬という形をとる家が多くなっています。

家族葬のメリット、デメリットについて知っておきましょう。

【家族葬のメリット】

家族葬を希望する人は、本当に自分のことを思ってくれる家族と、ごく親しい人だけに送って欲しいと考えています。

ほとんど付き合いのない弔問客が多く来るような、形式的な葬儀は嫌だというものです。

家族だけで、ゆっくりとお別れでき、アットホームな葬儀ができるのがメリットです。

また、参列者に気を遣うこともありませんので精神的にも体力的にも負担が少なくて済みます。

千葉でも、こういった形の葬儀を選ぶ家が増えてきています。

【家族葬のデメリット】

一方、デメリットもあります。

家族葬を行うということを事前に周囲に理解してもらわなければなりません。

家族葬と知らせていても、当日になって参列させてほしいと来る人もおり、対応に追われることになります。

また、葬儀が終わってから自宅に弔問に来られる方もおられ、葬儀後も慌ただしくなることがあります。

近年では、家族葬を行った後に弔問に来られる方へ「お別れの会」を開くところも多くはありません。

※参考サイト紹介・・・葬式簡素化で「お別れの会」急成長、気になるその中身

後で亡くなったことを知り、「どうして知らせてくれなかったんだ」と批判されることもあるので、家族葬を行う時は慎重に対応しなければいけないのです。

【家族とも話し合っておく】

家族葬を行う場合は、どこまでの知り合いに知らせるか、香典や供花はどうするかなど、家族でもしっかり話し合っておくことが大切です。

葬儀の場で身内がもめているのは見苦しいですから、事前に話し合っておきましょう。

Comments are closed.