自宅ではなく千葉の斎場で葬儀を行うメリットとは一体なんなのか

葬儀というと昔は自宅で行われるのがほとんどでした。

そのために近所の人も手伝いをしなければなりませんでしたし、自宅の中のものをあれこれ移動させたりしなければならなかったので遺族も大変でした。

最近は葬儀を斎場で行う家が増えていますが、斎場で行うメリットは何なのでしょう。

【民間の斎場の場合】

民間の斎場は、葬儀社が斡旋してくれるものがほとんどです。

葬儀専門に作られたものですから、葬儀に必要なものがすべて揃っているので準備に奔走することはありません。

また、日程などの融通も利くので、少し先にずらしたりすることも可能です。

【公的斎場の場合】

公的斎場を利用したいという人は多いようです。

公的斎場はやはり費用が安いのが良いと言われています。

また、公的斎場のほとんどが火葬場を併設しているので遠くに移動する必要がなく、利用しやすいのです。

ただし、安くて便利なので利用希望者が多く、予約が埋まっている可能性があるので注意が必要です。

【いくつか比較して決めよう】

葬儀は突然やってくることが多いので、慌ててしまいがちですが斎場選びは後悔したくないものです。

葬儀式場を探す際、千葉には斎場がたくさんありますので、いくつかの斎場を比較してどこが良いか決めるようにしたいものです。

家族でもしもの時はどうするかというのを、事前に話し合っておくのも大切なことかもしれません。

元気な時に葬式の話をするのはタブーのような気もしますが、きちんと決めておけば迷うこともありません。